since 2005

長い間の夢だった

美しい自然と調和できるCaféをと、

2005年12月に開店…。

奥畑の森の奥深くに、

モンシュシュはあります。

 

もと つりぼりをされていた、

古い建物を改装して

毎日 おいしいお料理をお出しして

喜んでいただいています。

 

   Owner Chef

料理家。

フランスの家庭料理に魅せられ日々創作にいそしんでいます

学生時代はスタイリストの世界で学び数々のファッションショーを経験。

また、現在は女子サッカーのチームに所属し、フィールドを走り回っています。

 

2005年12月にモンシュシュを開店。

café  monchou chou

731-3169 広島市安佐南区伴西6-624

082-811-8296

● 営業時間 11:00 〜 18:00 

    (ラストオーダー 17:00) 
● 定休日  不定休

「モンシュシュ」とはどういう意味ですか?

とよく聞かれます。

France語で「私のお気に入りさん」。

子どもの頃に見た「Sound of Music」という映画のワンシーンで、家庭教師の主人公が、雷に恐がる子どもたちに歌った曲が

「私のお気に入り(My Favorite Things)」。

そのシーンが大好きでした。 

「悲しいことやつらいことで、心が暗くなる時には、自分のお気に入りのものたちを思い浮かべると、心がわくわくと楽しくなるよ」という歌詞が、子ども心にも強く印象に残り、それからは、何かあるごとに、お気に入りの数々を日記に書き続けてきました。

 といっても、小さな頃から外国かぶれの私は、レースやボタン、リボン、白い服、白い花…などなど

 

 単純なのですが、お気に入りたちを思っていると、うれしくなってきて。いつもほんの少しずつでもいいから、自分のお気に入りのものに囲まれて暮らしていきたい、そんな思いから、お店の名前をつけました。



「かわいいお店ですね」と言っていただけた時は、この上なく幸せです。

 私のお気に入りのこの場所が、みなさんにもお気に入り、と言っていただける、そんなお店にしていきたいと思っています。