神様の毛布

March 27, 2012

 


やわらかくて  みずみずしくて
苦みがなく甘い
上広さんの育てた
オーガニックの菜の花。

今年の春を告げる きれいなお味。

どんなお金持ちにも
ひと月前には、けっして
この菜の花を買うことができない
春からの とっておきの贈り物です。

私たちが、あやうく
急ぎすぎて 忘れてしまうのは
時間という「優しい毛布」の存在。

お豆を煮るには

前の日から水につけて ひと晩、

待たなくては煮れないように、
お肉をやわらかく
上品な味に仕上げるには
小さな火でゆっくりと しみこませて

ゆかなくてはいけないように、
たくさんの出来事があって

時間をかけて、

信じ合えた友情のように
それは インスタントでは作れない
なくてはならない時間。
その間はゆっくりと

考えごとをしたり
人を想ったりできる、
なくてはならない大切な間合い。
優しい神様からの
毛布のように思えるのです。

いつの間にか

忙しい日々に追われ
気づかないことが
たくさんありました。

足もとの小さな雑草
もぐらの足あと
うぐいすの声。

菜の花の味が
神様の毛布となって
ふわりと包んで

抱きしめてくれました。

 

Please reload

最新記事

May 22, 2016

May 8, 2016

January 28, 2016

January 3, 2016

November 30, 2015

June 19, 2015

January 27, 2015

November 8, 2014

September 9, 2014

Please reload

archives
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square