はじまりのカノン


モンシュシュの朝は パンの焼けるにおいと パッヘルベルのカノンで始まります。 私のパンは パイヤールのカノンがすき。 「ああ、なんていい朝」といいながら、 それからは ランチの準備に 激しく動きまわります。 森の輝く 朝の光には ここにいるすべてのものたちを 生き生きさせるパワーがあります。 朝の光と音楽を浴びた モンシュシュのパン  * みなさんに 愛されているわけは そんなことなのかも*

最新記事
archives
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square