いちじくの想い出


幼い頃 観音の三菱団地の おばの お家の庭には いちじくの木があったので 旬の頃は 毎日のように もらいに行っては ひとりじめして 食べていました。 母はおしゃれなお菓子は 苦手だったので ドーナツやケーキを作るおばの

台所仕事を見るのが 私は好きでした。 今は 私のお店に よく来てくれて 私のお料理が好き、と

言ってくれます。 いちじくを 足しげく通い

もらっていた 小さな私が 今は おいしいタルトにのせて 毎日、焼いている。 こういう私になれたのも こんな素敵な想い出をつくってくれて 育ててくれた温かい人たちが 回りに いてくれたから。

最新記事
archives
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square