Sugar


今年も 紫苑の花が ちらほら咲きはじめ お庭に あちこち 紫色の花たちが 歩く私の目を楽しませてくれます。 小さなブーケにしたら とっても 素敵。 どこにもない、私だけの花束。 ほかにも、忙しくて

手をかけてあげれない中庭に、

今年も 名前はしらないけれど ポンポンと咲き、群生するピンクの

砂糖菓子のような小さな雑草。 お花屋さんにあるような けっして華やかな花ではありません。 けれど、放りっぱなしにしていても ちゃんと時期が来ると 「お久しぶり」と言うように咲く

その姿は、愛らしく

忘れかけていた何かを 思い出させてくれます。         私が忘れても、気づかないうちに すっかり この花の咲く準備が 春にも 夏にもできていて、 この花は、咲くことを覚えている。 去年も おとどしも きっと ずっーと昔の秋も。 忘れてしまっているのは私だけ。 何もない放りっぱなしのお庭としか 見えていなかった私の だめな目。 実は、もしかして 大切な宝物の庭ではないだろうか。 目には見えない、

あるべき自然の姿の大切さを 気づかせてくれる宝の庭     生まれてきたことの意味や いつも 私を想ってくれる人。 私という飲みものに入れる お砂糖みたいな人たちのこと。 大切なものや 大切なことを、ちゃんと

覚えている人でいなくちゃと、 この花が

今日も私に教えてくれました。

最新記事
archives
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square